ねこさまQ&A

HOME
目次

〈1〉ネコの本能と習性
狩猟本能、運動能力、習性、睡眠など

〈2〉ネコの不思議な行動
予知的行動、自傷行動、過剰反応、貯食本能、帰巣本能など

〈3〉ネコと飼い主のコミュニケーション(1)
ネコと人間の関係 ゴロゴロ、スリスリ、モミモミ、ネコのおみやげ、わがまま、好き嫌い

〈4〉ネコと飼い主のコミュニケーション(2)
自己主張、爪とぎ、咬み猫、環境の変化、家族の変化、動物の友達、飼い主の出産など

〈5〉ネコのからだと感覚
感覚器官(鼻・目・耳・舌・ヒゲ)の働き

〈6〉ネコの心理と表情
シッポの働き、鳴き声、表情、体の動きと心理、知能

〈7〉ネコと仲良くなる方法
おもちゃ遊び、部屋の遊び、映像、しつけの仕方、鏡テスト

〈8〉ネコの健康管理
危険な食べ物、病気の発見、老化現象、年齢換算、犬猫病院のかかり方、体温の計り方など

〈9〉ネコの結婚・出産・子育て
性行動、妊娠・出産、子猫の成長、親子の本能、子猫の教育、子猫の遊び

〈10〉ネコ同士のコミュニケーション
テリトリー、マーキング、ケンカ、優劣関係、猫の集会、社会行動など

〈11〉ネコのルーツと種類
猫の祖先、日本猫のルーツ、純血種の種類と性格、長毛種、短毛種、三毛猫の性別など



 ネコに関する疑問に答えます
〈4〉ネコと飼い主のコミュニケーション(2)

あれしろこれしろといろいろ要求してきますが、拒否していいのでしょうか?
新聞を読んでいるとわざとその上にどさっと座り込んでじゃまをします。どうしてこのようなことをするのですか?
ネコの爪とぎに困っています。何か手だてはないでしょうか?
お客様の荷物や衣類にオシッコをかけることがあります。やめさせる方法はありますか?
まだ子ネコですが、飼い主や家族に痛くなるほど強く咬みつきます。やめさせる方法はありますか?
旅行などで何日も家を留守にしたとき、ネコも一緒に連れて行った方がよいでしょうか?
ネコに長期間ひとりで留守番をさせておいて大丈夫でしょうか?
もう1匹ほかのネコを飼いたいのですが、どんなネコでも問題ないでしょうか?
イヌやハムスターも一緒に飼うことができますか?
私が出産してからネコの様子が以前と少し変わりましたが、何かわけがあるのでしょうか?

Q:あれしろこれしろといろいろ要求してきますが、拒否していいのでしょうか?

A:何かしてほしいことがあると、猫は飼い主の顔をじっと見つめて「ニャオーン」と鳴いてせがみます。最初は何を求めているのかわかりませんが、ドアの前で鳴けば「開けて」、お皿の前なら「ご飯」、すり寄りながら鳴けば「遊んで」など、その場の状況によって、猫がせがんでいることがだんだんわかってくるものです。
 要求の鳴き声や仕草があったとき、飼い主が一度でも応じてしまうと、猫はしつこく要求を繰り返します。たとえば「一度寝室に招き入れたけど、もう二度と入れたくない」と決意しても猫の執拗な要求につい根負けしてしまうことになります。
 してほしくないことは、猫から要求されても最初から断固として拒否すればいいのですが、なかなかそうはいかないものです。一度受け入れてしまったことは、愛する猫のことだからとあきらめてその都度求めに応じるのも一つの方法です。以下に挙げるような対策もありますが、猫のわがままな要求にどう対処するかは、飼い主の考え方次第といえるでしょう。
○猫のわがままな要求に対する4つの対策
対策1:猫があきらめるまでひたすら無視し続ける。
対策2:霧吹きなどで水をかけ、猫の思考を一瞬止める。
対策3:気を紛らすために、音のする小石入りの空き缶を、猫に当たらないように投げて、音を出す。
対策4:おもちゃなどで遊びに誘って、気を紛らす。

Q:新聞を読んでいるとわざとその上にどさっと座り込んでじゃまをします。どうしてこのようなことをするのですか? 

A:読んでいる新聞や本の上に、視線を遮るように横たわったり、来客の時に知らない人におびえてどこかに逃げていったはずなのに、いつの間にか現れてわざと全員の視角に入る位置を探して横たわるなど、突然現れて、人間のやることを邪魔したり、自分の存在をひけらかすようなことを猫は時々します。「なんでじゃましにくるのー」と怒りたくなるところですが、こんな時猫は「いつものようにかまってもらえない、自分が話題にならない」と不安な気持ちになるのです。猫はかまわれてすぎてもいやですが、忘れられるのもいやなのです。このため自分のことを忘れている飼い主の前に現れて、自分の存在を誇示しようとするのです。

Q:ネコの爪とぎに困っています。何か手だてはないでしょうか?

A:猫の飼い主にとって一番困るもののひとつは猫の爪とぎでしょう。壁であろうが家具であろうが絨毯であろうが、猫はお構いなしに爪を立てます。
 猫が爪を研ぐ目的の一つは爪の手入れです。猫にとって爪は身を守る最大の武器なので、古い爪をはがして常に鋭く保っておく必要があります。また爪とぎはマーキングとしての意味もあります。爪を研いだ後に匂いを付けて縄張りのしるしにしているのです。こうした本能的な理由だけでなく、ストレス発散の手段として爪とぎをする場合もあります。
 大切なものを傷だらけにされるのを防ぐ方法としては、専用の爪とぎ台を用意することと、もうひとつは、猫の爪を切ることです。猫専用の爪切りを使って、先端の鋭い部分を切り落とします。ただし、外に出る猫には武器を奪うことになりますので、行わない方がいいでしょう。
 また、猫は爪とぎだけでなく、家の中のあちこちにオシッコをかけて縄張りを主張することがあります。オシッコかけをするのは、去勢していないオスが、性的衝動を起こしたり、環境の変化に不安を抱くときなどです。これを防ぐには去勢しかありません。

Q:お客様の荷物や衣類にオシッコをかけることがあります。やめさせる方法はありますか?

A:猫は知らない匂いのする来客に、少なからず不安を感じます。室内だけで飼われ、来客の少ない家に住む猫は特に、自分のテリトリーを犯されるという不安や恐怖が強いものです。
 そこで神経質は猫は、不安の対象からただ逃げるだけでなく、不安を解消する行動をとります。そのために靴やバック、スカーフなど来客の匂いが強くついたものにオシッコを引っかけて、相手の匂いを消そうとするのです。
 縄張りの標識は、オシッコだけでなくさらに強く縄張りを主張できるウンチをマーキングに使うこともあります。いずれにせよお客様に対して申し訳ないので、このようなとき、来客中猫をケージなどに入れておいたり、来客後はオシッコかけを防ぐため、猫のいやがる市販のスプレーなどを家具にまいておくことも必要です。
 なお、来客に備えてケージに慣らすには、
(1) ケージのまわりや中に、おやつやおもちゃを置く。
(2) 猫がつられてケージに入ったら、扉をそっと閉じる。
(3) 声をかけ、最初はすぐ出してやる。
(4) 徐々にケージに入る時間を長くして、ひとりで待つことに慣らす。
などの方法をとります。

Q:まだ子ネコですが、飼い主や家族に痛くなるほど強く咬みつきます。やめさせる方法はありますか?

A:ただ手を近づけただけで、いきなりパクッと咬みついてくる猫がいます。軽く咬むだけだったり、すぐにやめるのならそれほど問題はありませんが、手を引こうとすると、さらに咬む力を強め、手に穴があくほど痛くする猫もいます。
 これは幼児期に親や兄弟姉妹と離れ、1匹だけで生活していた猫に多く見られます。この悪いクセは直らないのでいつ問題が起きるかわかりません。例えば、猫嫌いの人や、人間の赤ちゃん、子供などに咬みついたとしたらたいへんですね。そうなる前にきちんとしつけをしましよう。
 母猫や兄弟姉妹などと一緒に育った子猫の場合、ほかの猫とじゃれ合っている間に痛みを学びます。じゃれて咬みついた時、咬みつかれたほうは痛くてギヤッと悲鳴をあげたり、猫パンチをくらわせたり。それを繰り返しているうちに子猫はこれ以上咬んではいけないんだな、ということがわかるのです。こういう経験がないと、咬むことの加減を知らずに育ち、平気で咬むようになってしまうのです。できるだけ早いうち、遊び盛りの子猫の頃から、飼い主がほかの猫の代わりをしてあげてください。
 猫が咬みついてきたら、すぐに「痛い!」とおおげさに叫び、顔をしかめてみてください。そこで猫が驚いて咬むのをやめたら、しつけは簡単。繰り返しやるうちに咬んではいけないと気づくはずです。叫んだだけではやめない猫の場合、手を引いてはいけません。狩猟本能からか、猫はさらに力を込めることになってしまいます。逆に猫のほうに押し出すようにしてみてください。驚いて手を放したら、すかさず「ダメ!」といいながら手のひらを顔に当て、鼻を指ではじきます。咬まれたら常にこうしてやめさせ、しっかりいけないことと認識させてください。この方法は成猫の場合でも同じです。

Q:旅行などで何日も家を留守にしたとき、ネコも一緒に連れて行った方がよいでしょうか?

A:「犬は人につき、猫は家につく」といいますが、犬と違って猫は自分の家にいる方が好きです。猫は好奇心旺盛な動物ですが、環境の変化を好みません。できれば、飼い主が留守の間も自分の家で過ごせるようにするのが猫のためです。2、3日なら、ドライフードをたくさん置き、予備のトイレを用意しておけば問題ありません。長期の時は、人に預けるより、自宅まで来て猫の世話をしてくれる人をさがす方がよいでしょう。
 世話をしてくれる人がいない場合は、友人宅に預けたり、ペットホテルを利用することもあるでしょう。そんなときはストレスのため食欲が無くなったり、下痢をするなど、体調を崩すことがあります。
 それでもやむを得ず、ペットホテルに預けたり、旅行に連れて行くときは、猫が安心する材料、たとえば飼い主の着古した洋服、飼い主の声が出るテープ、いつも食べているフード、いつも使っているトイレの砂、いつも使っているお皿、おもちゃなどを周りに置いてあげるとよいでしょう。

Q:ネコに長期間ひとりで留守番をさせておいて大丈夫でしょうか?

A:猫は飼い主べったりの犬と違って、短期間の留守なら案外平気です。定期的に留守にし、習慣になっていれば、猫も過ごし方を心得ています。室温を調節し、遊び道具と新鮮な水、餌を用意しておけば大丈夫です。
 留守番がそれほど苦痛でない猫でも、何日もひとりでいるとなると苦痛になります。退屈だし、撫でたり遊んでくれる人がいないのではイライラもしてきます。猫によっては飼い主がいない不安からパニックに陥ることもあります。安心できるような環境を整えた上で出かけることが必要です(上記の問答を参照)。日常留守がちライフスタイルなら2匹以上飼ってあげる方が、気が紛れてストレスをためずに留守番ができるでしょう。 出張や入院などの事情で、友人などに長期の間猫の世話を頼まざるを得ないこともあるかもしれませんが、そんな場合、不在の間に世話をしてくれる人との関係が親密になり、飼い主を忘れてしまう可能性もあります。猫の不安を解消するためにも、飼い主を忘れないためにも定期的に飼い主の匂いの付いた衣類などを送りかがせるとよいでしょう。

Q:もう1匹ほかのネコを飼いたいのですが、どんなネコでも問題ないでしょうか?

A:猫は単独生活をするので、他のネコと一緒に暮らすのが苦手のようですが、食べ物が十分あり、狩りの必要のないイエネコは、他の猫に敵対意識を持つ必要がありませんから、何匹か一緒に飼ってもお互いうまくやっていけます。
 むしろ、留守がちな家などでは、退屈しないように、できたら2匹以上一緒に飼ってあげるといいでしょう。ただ、新しい猫を迎えるときは、注意が必要です。
 飼い主はどうしても新しい猫に関心が向きますが、古顔猫をたっぷりかわいがってあげないと、その不満を解消するため新顔猫を攻撃したり、猫によっては「自分の居場所が無くなった」と判断して家出をしてしまう古顔猫もいます。
 また、猫同士が仲良くなれるかどうかは相性も関係します。現在飼っているのがメス猫なら、オス猫を2匹目に迎えても問題ないでしょう。しかし、飼っているのがオス猫なのに同じような縄張り意識や攻撃性を持つオス猫を迎えるのはトラブルのもとです。

Q:イヌやハムスターも一緒に飼うことができますか?

A:猫の友達になれるのは、猫だけではありません。犬も猫と仲良くなれることが多いのです。猫にとって、体が大きくてよく吠える犬は怖い存在ですが、特に自分に危害を加えないとわかれば、あまり気にしなくなります。ただ、これはきちんとしつけられた犬の場合で、犬が飼い主の言葉に従わず猫を追いかけ回すようだと問題です。ふつうは成猫を飼っていて子犬を迎えるケースが多いと思われますが、この場合、子犬が猫を追いかけてストレスを与えないように猫が安心して過ごせるスペースを確保することが必要です。愛情も子犬以上に注ぐことも肝心です。
 猫は生後約12週齢までに、身の回りの環境がどうなっているかを貪欲に学び、出会ったものに対して受け入れ態勢を作ります。そのため子猫時代にウサギやハムスター、小鳥などの小動物と接していれば、愛着心が生まれて彼らと友達になれる可能性があります。 ただ、普段は獲物としてみていない存在でも、何かの刺激で狩猟本能が発動し、これらの小動物を獲物として追いかけることがあります。小動物のケージは猫が絶対に開けられないようにしておき、ケージから出すときは、飼い主が目を離さないようにしましょう。
  成猫になってからこれらの小動物に出会った場合では、格好の獲物になってしまうのが通常です。

Q:私が出産してからネコの様子が以前と少し変わりましたが、何かわけがあるのでしょうか?

A: 猫の平穏な生活をおびやかすものに、人間の赤ちゃんという存在があります。実際に赤ちゃんがやってくる前から、猫は環境の変化を敏感に感じとっています。飼い主は大きなお腹を抱えて出産準備に忙しく、以前のようにかまってくれない、ご主人も奥さんの様子にばかり気を配る・・・。 変だなと思っていると、赤ちゃんの到来です。こうなると飼い主夫婦の目は、赤ちゃんにばかり向きます。かまってくれる時間は極端に減るし、興味を侍って赤ちゃんに近寄ろうとすると、「だめっ」と叱られる。こうした環境の激変は、猫を欲求不満のかたまりにするのに十分なのです。
  また、飼い主の結婚も猫にとっては生活の激変です。猫は今まで知らなかった結婚相手と暮らさなくてはならず、しかも2人は仲むつまじいので、愛する飼い主を独占できなくなります。家族や知人などが同居するようになったときも、知らない人の到来に猫はタジタジになります。さらに、最悪の環境変化は、飼い主が亡くなることです。愛する飼い主との別離にショックを受け、飼い主の寝室に閉じこもって出てこなくなった猫もいるといわれます
  環境が大きくかわると、猫は不安でたまらなくなります。特に飼い主と密着した生活を送り、常にかわいがられていた猫ほど、家族環境の変化を受け入れにくく、大きなストレスを抱えてしまいます。その結果、攻撃的になったり、部屋中をトイレにしたり、飼い主を無視しようとするなどの、異常な行動が現れてきます。
 ストレスで傷ついた猫の心をいやすには、これまで以上に猫をかわいがり、「大切な猫」であることを、よく伝えることが大切です。

HOMEへ   目次へ   前ページへ  次ページへ