ねこさまQ&A

HOME
目次

〈1〉ネコの本能と習性
狩猟本能、運動能力、習性、睡眠など

〈2〉ネコの不思議な行動
予知的行動、自傷行動、過剰反応、貯食本能、帰巣本能など

〈3〉ネコと飼い主のコミュニケーション(1)
ネコと人間の関係 ゴロゴロ、スリスリ、モミモミ、ネコのおみやげ、わがまま、好き嫌い

〈4〉ネコと飼い主のコミュニケーション(2)
自己主張、爪とぎ、咬み猫、環境の変化、家族の変化、動物の友達、飼い主の出産など

〈5〉ネコのからだと感覚
感覚器官(鼻・目・耳・舌・ヒゲ)の働き

〈6〉ネコの心理と表情
シッポの働き、鳴き声、表情、体の動きと心理、知能

〈7〉ネコと仲良くなる方法
おもちゃ遊び、部屋の遊び、映像、しつけの仕方、鏡テスト

〈8〉ネコの健康管理
危険な食べ物、病気の発見、老化現象、年齢換算、犬猫病院のかかり方、体温の計り方など

〈9〉ネコの結婚・出産・子育て
性行動、妊娠・出産、子猫の成長、親子の本能、子猫の教育、子猫の遊び

〈10〉ネコ同士のコミュニケーション
テリトリー、マーキング、ケンカ、優劣関係、猫の集会、社会行動など

〈11〉ネコのルーツと種類
猫の祖先、日本猫のルーツ、純血種の種類と性格、長毛種、短毛種、三毛猫の性別など



 ネコに関する疑問に答えます
〈3〉ネコと飼い主のコミュニケーション(1)

飼い主はネコにとってお母さん代わりになるのですか?
気持ちいいとき猫がゴロゴロ喉を鳴らすのはなぜですか?
飼い主の体をモミモミすることがありますが何をしているのでしょうか?
ご飯のほしいときとかかまってもらいたいときはシッポがピンと立っていますが?
外から遊んで帰ったときにときどき昆虫や鳥などをくわえてきますが、どうすればいいのでしょうか?
突然足に飛びついてきたり、お腹をさすっているときに体にかみつくことがありますが、どうしてでしょうか?
ネコはよく飼い主の体や家具などに体をこすりつけてスリスリしますが、何をしているのでしょう?
ネコの好きなタイプの人間、嫌いなタイプの人間というのがあるのですか?
ネコの嫌いなものって何ですか?
抱っこをするとすぐ逃げ出しますがどうしたらよいのでしょう?
体をなでられてうっとりしていたのに、突然立ち上がって去っていったり、手にかみついたりすることがあります。どうしたのでしょう?
叱っても知らんぷりをしていますが、ネコは反省しているんですか?

Q:飼い主はネコにとってお母さん代わりになるのですか?

A:猫は人間に飼われる動物の中では、野生に近い生活を保っています。他の家畜動物は、囲いに入れられたり綱をつけられたりして人間に飼い慣らされましたが、猫は人間から逃げなくなったということで飼われ始めたのです。猫の生活は基本は単独生活ですが、やはり友達はほしいものです。その点人間は猫同士のように縄張り(テリトリー)や恋人を奪い合うような面倒な存在ではありませんから、猫にとって人間は自然に一緒に暮らせる気楽な友達です。また、イエネコの場合、人間が餌をくれ、狩りをする必要もありませんから、成長しても子猫気分が抜けず、食べ物をくれる人間(飼い主)には、子猫が母猫を慕うような気分で甘えてきます。

Q:気持ちいいとき猫がゴロゴロ喉を鳴らすのはなぜですか?

A:猫の首の周りを掻いたり、背中をなでたりすると猫はうっとり目を閉じ、やがてゴロゴロと喉を鳴らし始めます。このゴロゴロ音は飼い主がそばにいるときに生じる安心感から、母猫といるような気分になって鳴らすことが多いのですが、食べ物がほしい、遊んでほしい、抱いてほしいなどの要求があるときもゴロゴロ鳴らします。要求が強まるほど音が大きくなるようです。
 このゴロゴロという喉の音はもともとは子猫が母猫に「元気だよ」と知らせるためのシグナルだと言われていますが、痛みを訴えるときにも鳴らすことがあるそうです。

Q:飼い主の体をモミモミすることがありますが何をしているのでしょうか?

A:パンをこねるように前足を押し出すような行動は、母猫の乳の出をよくするために乳房を押す行動の名残です。モミモミするだけでなく、よだれをたらしたり口をすぼめて乳を吸うような仕草も同じ行動です。
 このモミモミ行動をする猫は、離乳がきちんとすまないうちに、母猫から引き離されたケースが多いようです。

Q:ご飯のほしいときとかかまってもらいたいときはシッポがピンと立っていますが?

A:母猫にお尻をなめてきれいにしてもらっていた子猫の行動の名残りです。 食べ物が欲しいときや親愛の情を示すときにとる追従行動だと言われています。
 また、飼い主が猫と同じ位置で鼻を出したり、指を差し出すと鼻をつけてくるのも、もともと猫同士が出会ったときの親愛の情を示す行動で、これも「友だちだよ」というサインです。

Q:外から遊んで帰ったときにときどき昆虫や鳥などをくわえてきますが、どうすればいいのでしょうか?

A:猫の狩猟本能から母性が起こす行動です。獲物を捕った後、一番親しみを感じている飼い主に狩りの仕方を教え、食べさせようと持ち帰るのです。これは狩りをする母猫に育てられた猫ほど多くみられます。獲物の小動物を見るのは気持ちのいいものではありませんが、猫としては飼い主のためにやったことですから叱られると戸惑ってしまいます。狩りの成功をよくできたと褒めてあげましょう。

Q:突然足に飛びついてきたり、お腹をさすっているときに体にかみつくことがありますが、どうしてでしょうか?

A:嫌な目にあわせたわけでもないのに飼い主に噛みつくのなら、メスの場合はストレスも考えられますが、オスの場合は恋人と勘違いしている可能性があります。オスは交尾の時、メスの背中に乗りかかって、首の後ろを軽くかみます。そうすると、それまで横になったりスリスリしてオスを誘っていたメスの行動がおとなしくなり、無事交尾を果たすことができます。飼い主の体に飛びついたり噛んだりするのも、このような性行動が関係しています。愛のメッセージなので敵にか噛みつくような強烈な噛み方はしません。

Q:ネコはよく飼い主の体や家具などに体をこすりつけてスリスリしますが、何をしているのでしょう?

A:猫には額の両側、唇の両側、あごの下、しっぽ、肉球にニオイ物質を分泌する臭腺があり、そこから出る匂いをこすりつけることで、愛情や自分のテリトリ(縄張り)を示します。これは自分の縄張りに印を付けるマーキング行動ともいえます。(犬のオシッコかけのようなものですね。)頭を押し出して、匂いを付けるのは親愛の表現のひとつですので、猫を拒まずに飼い主も同じようになでて、匂いを付け返すと猫も満足します。

Q:ネコの好きなタイプの人間、嫌いなタイプの人間というのがあるのですか?

A:匂い、物腰、なれない性別などで怖がることもあります。好きなタイプとしては、「声が高く、穏やかな口調である」「動きがゆったりしている」「一貫した態度で接する」「やさしく適度にスキンシップをとる」「香水などを付けていない」「しつこくせず、ネコの自由を妨げない」「飼い主と同じ性別」などです。反対に苦手なタイプとしては、「予測不可能な動きをする」「やることが一貫しない気分屋」「しつこく触ったり、抱こうとする」「キャーキャー言ったり、怒鳴ったり騒がしい」「怒りっぽい」「威圧的で、乱暴」「香水などを付け、匂いがきつい」「見慣れない格好をしている」「飼い主と違う性別」などです。猫が子供を嫌うのがよくわかりますね。

Q:ネコの嫌いなものって何ですか?

A:基本的に野生の日常にないものは苦手です。たとえば、掃除機やドライヤーの音、バイクや車の音は怖がります。また猫は匂いにも敏感なので、かんきつ類のすっぱい匂いやたばこの煙は大の苦手です。水も慣れないとひどくいやがります。

Q:抱っこをするとすぐ逃げ出しますがどうしたらよいのでしょう?

A:猫の暖かい体を抱いているとこちらの気持ちまで幸せな気分になりますが、猫にとってみると、抱かれた状態はすぐに逃げ出せない危険な状況です。従って心底信頼感を持っている人でないと安心して抱かせてくれません。ただし、いくら飼い主が信頼しているからといっても抱かれ心地が悪いと猫は不安になって逃げ出してしまいます。
 猫が逃げ出したくなるのは、体がずり落ちそうな安定感のない抱き方です。前半身だけ、あるいは後半身だけで支えるのはとても不安定です。胸とお尻を両方の手ですくうようにして持ち上げ、後半身を包み込むようにして抱くと安定感が生まれます。首をつかんで持ち上げたり、前足を持ち上げたり、お腹だけを持って抱き上げようとすることはもっとも猫がいやがります。

Q:体をなでられてうっとりしていたのに、突然立ち上がって去っていったり、手にかみついたりすることがあります。ネコはわがままなのでしょうか?

A: 猫は体を撫でられるのが大好きです。また撫でられるのはなめてもらうのと同様愛情たっぷりのスキンシップになります。ところが撫でている最中に突然態度を変え逃げ出したり、噛みついたりすることがあります。猫にとって首筋、あごの下、お腹など、なでられてうれしがる箇所は、実は急所でもあり、皮膚感覚が大変デリケートな箇所です。このため適度に刺激されると気持ちいいのですが、ちょっと刺激が強まると、危険を感じて逃げ出したり、攻撃したりしてしまうのです。
撫でられるのが嫌になると猫はいらいらしてシッポを振ります。また、飼い主を無視し横になってお腹を出すポーズをとることがあります。よく猫を観察しているとわかります。

Q:叱っても知らんぷりをしていますが、ネコは反省しているんですか?

A:猫が悪さをして叱っても反省してシュンとするかというと、そのようなことはほとんどありません。怒鳴り声に多少逃げますが、何事もなかったのように、近くで体などをなめています。一見ふてぶてしい態度に見えますが、猫とすれば、十分反省しているのです。その証拠に飼い主と目を合わせないはずです。これは上位の猫と目を合わせないのと同じで自分が下位だを認めているしるしです。怒られて横を向いているのはふてくされているのではなく、怒っている飼い主と目を合わせたくないからです。
 ほかに叱られたときの仕草として、「耳を下げる」「ふるえたり、おどおどして落ち着かない」「シッポを下げていたり、股の間に挟む」「座ったり、伏せていることが多い」などの行動が見られます。おびえて、隠れてしまう猫もいます。 
 猫のいたずらはストレスや狩りへの欲求行動から起こります。いけないことをした場合には猫をたたいてはいけません。そのことがストレスになっていたずらを繰り返すだけです。その場で「だめっ」と言葉だけで叱るのが効果的です。後で叱っても、猫には叱られる意味がわかりません。

HOMEへ   目次へ   前ページへ  次ページへ