城跡公園

足助城

戦国時代の山城

足助城は、発掘調査に基づき整備された、全国でも初めての試みの山城です。

 足助城は、標高301mの真弓山の山頂を本丸として、四方に張り出した尾根を利用した、連郭式の山城で、真弓山は足助の町並みを眼下に 見下ろす要衝の地です。

 足助城は、「真弓山城」とも呼びますが、「松山城」「足助松山の城」とも 呼んだようです。鎌倉時代に足助氏が居城したという、「足助七屋敷(足助 七城)」の一つとも伝えられますが、今回の発掘調査では、この時代の遺物は発見されず、現在残された遺構は、15世紀以降に鈴木氏が築城した跡と 考えられます。

 鈴木氏は、戦国時代に西三河山間部に勢力をもっていた一族です。その うち、足助の鈴木氏は、忠親→重政→重直→信重→康重と5代続き、初代 忠親は、15世紀後半の人といわれます。16世紀に入ると、岡崎の松平氏との 間で従属離反を繰り返しますが、永禄7年(1564)以降は、松平氏のもとで 高天神城の戦いなどに武勲をあげます。 そして、天正18年(1590)康重のとき、徳川家康の関東入国に従って、足助城を去りますが、間もなく家康から離れ、浪人したと伝えられます。

入場料 おとな300円

こども100円

公開時間 AM9:00〜PM4:30
休城日 年末年始
問い合せ (0565)62−0770

見取り図

@堀切 足助城の中心施設と、南の山上に伸びる施設を区切る役割をもった堀です。堀の底を通路としても使っていました。
A・B南の丸腰曲輪1・2 西南の谷間を監視する曲輪だったのでしょうか。小さな 建物があったようですが、よくわかりません。
C井戸 足助には、山の斜面からの湧水を溜めるために作った井戸もありました。 深い掘り抜き井戸のようにツルベを使うのではなく、大きな柄杓で汲みました。
D西の丸腰曲輪1 この曲輪の先端部分は、掻き上げた土で固められています。小さな建物があったようですが、よくわかりません。
E西の丸 足助の町を見下ろすとともに、岡崎・名古屋への街道が眺められます 2棟以上の建物があったことがわかっています。
F本丸腰曲輪3 西の丸と南の丸を結ぶ通格にある小さな曲輪です。建物の礎石がみつかりましたが、足助城で礎石を使った建物跡はこの曲輪だけです。
G南の丸 この曲輪は、角ばった扇形に造られていす。台所の役割をもつ曲輪で、復元した建物跡の他に、カマドに使われた石や炭などがみつかっています。
H西物見台 この物見台は、大きな岩盤の上にあります。2,7×5,4mの矢倉は、掘っ建て柱の建物です。2層にしたのは、間近まで他の建物が建てられたためでしょう。
I本丸腰曲輪1 美濃(岐阜県)の東部への街道を、正面に望むことができます。
J北腰曲輪2 信州(長野県)への街道を、正面に望むことができます。台形の建物 跡がみつかりました。
K北腰曲輪1 信州(長野県)への街道を、正面に望むことができます。本丸寄り に、4,5×6,8mの建物跡がみつかりましたが、建物の中を通って本丸へ行ったの でしょう。
L南物見台 矢倉の上から、南方に鶏足城を望むことができす。鶏足城への連絡を兼ねた矢倉だったのでしょう。
M本丸  足助城の中心である本丸は、足助の町並みを眼下に見下ろすとともに、 信州と美濃への街道、岡崎・名古屋への街道を望むことができます(標高301m)。 発掘調査に基づき、掘っ建て柱の高櫓と長屋が復元されました。高櫓は、江戸 時代の天守閣にあたるものです。

HOME