平成23年度 香嵐渓 月見の会

 月見の風習は中国では唐の時代に、日本ではそれが伝わって、平安中期頃に始まったとされています。今日のように一般に行われるようになったのは江戸時代からで、その夜、小机の中央に三方をすえ、団子とともに枝豆、里芋、栗、柿などを盛り、花瓶にすすきと秋草を生けて、名月に供えるようになったといわれます。団子は12個、閏年には1つ増やしたようです。

 豊田市内の食材を中心を使い、AT21倶楽部に所属する料理屋のメンバーが腕を振るいます。
限定100名様となっておりますので、お申込はお早めに!!

●日時    
 
平成23年9月12日(月)
   開場:午後6:00〜(受付)
   開宴:午後6:30〜

●場所
 
香嵐渓広場(足助屋敷前) 予定。 (車は香嵐渓入り口の公営駐車場にて駐車。)

参加費
 
おひとり 5,000円

参加人数
 
先着100名
(1グループ最大4人まで申込可能)

●内容
 
今年のお料理は、豊田市市制60周年記念事業で復元された足助の旧家・小出家に伝わる江戸後期の祝い膳の一部を再現し、皆さまに味わっていただきます。

●その他
雨天の場合は、やむなく屋内で催します。

申込方法
 
平成23年8月5日(金)から受付開始いたします。
先着100名ですので、定員が埋まり次第、受付終了します。
 
その際は、申込みをお断りする場合がありますので、ご了承下さい。

 電話、FAX、Eメールで承ります。

◆あて先
 足助観光協会 月見の会 係
〒444-2424
豊田市足助町宮平34-1
Tel 0565-62-1272
Fax0565-62-0424
E-mail
asuke@he.mirai.ne.jp

◆主催:AT21倶楽部

注意:上記の内容が変更する場合もあります。


山の間からまん丸のお月様が望めます。


お月さんよりもついつい会話が弾んで
しまいます。

HOME